【公式】visita blog | 就職活動

エース訪問アプリ「visita」の運営チームが就活・キャリアの役に立つ記事を発信します。<!-- 選考登録ボタン--> <p class="article-btn"><a href="https://visita-lp.studio.design/">visitaの先行登録はこちら(学生用)</a></p>

【就活】朝一番の面接で本領を発揮する方法(起きれない人必読)

f:id:visita:20191124121642j:plain
こんにちは。visita事務局の鈴木です。

そろそろウィンターインターン等の面接で忙しくなってくる時期ではないでしょうか。

面接が多くなり、こんなことに悩んでいる方はいませんか。

 

「面接朝早い。。。起きれるか心配。。。」

 

こんな学生さんは多いと思います。

朝起きるのが苦手な僕の友人は、起きたらオンライン面接開始1分前なんてこともありました。

面接を寝坊で行けなかったなんてこと絶対したくないですよね。

 

ちなみに僕は早起きがめちゃくちゃ得意です。

履歴書の特技の欄に早寝早起きと書くぐらい得意です(笑)。

ただ、起きるだけではなく、朝からフル回転で物事に取り組むことができます。

 

今回がそんな「特技:早寝早起き」の鈴木が伝授する早起き方法です。

注意事項

まず最初に言っておきます。早起きが苦手な人は、なるべく無理のない時間に面接入れてください。自分の一番すっきりできる時間に面接を設定するのがベストです。

いい時間がなかったとかで、時間が朝になってしまった方向けの記事です。

あと、僕の経験と情報に基づくので科学的に正しいかどうかは知りません。

あくまで参考程度と捉えてください。

 

【前日】早く寝るための準備

・面接の前日に次の日の起床時間に起きる。

・早起きしたからって昼寝をしない。

 

「明日は朝早いから早く寝よう」

と思っても、普段夜型の方が早く眠るのは難しいと思います。

 

これは夜型の人が早く眠くなるための準備です。

前々日にどんなに遅く寝ても、疲れていても頑張って起きてください。

ここで早く起きれるかどうかで、その日の寝つきは大きく変わります。

 

また、前日に大事なことは昼寝をしないことです。

どんなに眠くても、寝る時間まで我慢してください。

電車でどうしても寝ちゃう人は座らないでください。

 

【前日】就寝前に心がけること

f:id:kenken_water:20191118165009j:plain

続いて寝る前の準備です。

・部屋を真っ暗にする。

・就寝1時間前にスマホ等の強い光を浴びない。

・入浴は就寝2時間~1時間半前に済ませる。

スマホの通知は絶対にオフ

 

以上のことは僕が実際にやっていることです。

強い光を浴びると人間は起きてしまうのです。みなさんも経験があると思います。

よく言われることですが、就寝前に強い光を浴びるのはやめましょう。

部屋を真っ暗にするのは上記の理由からです。

外の光が入ってこないように、カーテンを閉める等の対策をしましょう。

 

続いて入浴。

何かで読んだのですが、人間の体温と睡眠は密接に関係しているようです。

入浴により体温が思いっきり上がると人間の身体は体温を下げようとするようです。

これにより眠くなる体温になるのが1時間半から2時間かかるようです。

 

逆に帰るの遅いけど、お風呂は済ませて早く寝たい!っ方は、シャワーで軽く済ませると体温上昇を抑えられ、体温低下までの時間が短縮されるようです。

【前日】当日に早く起きるための準備

・アラームは起床時間と起床時間の30分前にセット

・アラームは歩かなければ止められない位置に置く

 

僕早起きは得意ですが、二度寝はしたいんです。

遅刻したくないけど、二度寝したいというわがままを解決したのはこの方法です。

もう一度眠ると、体が新たな睡眠サイクルに入るというような記事を読みましたが、僕にはこの方法のほうがあってました。

遠いと音が聞こえないって人は音量あげてください。

また、好きな音楽でアラームを設定する方がいますが、僕はオススメしません。

音がウザくないので眠れてしまうからです。

よくあるアラーム音がベターだと思います。

 

【当日】起きてから目を覚ますために

f:id:kenken_water:20191118164440j:plain

・裸足で歩く

・日光浴びる

・温かい飲み物、ご飯を食べる

足の裏に、頭を活性化する細胞があるだとかないだとか。

僕は効果があると思ってます。

 

やっぱり陽の光は大切です。

人間の遺伝子が関係しているようです。

いずれにせよ気分がいいです。

 

温かいものは、前述した体温と睡眠との関係からです。

僕はコーヒーブラック一択です。スープとかもいいと思います。

 

【当日】面接に向かうとき

・陽のあたる席、立つ場所を確保する

・何かに集中する。

電車って狭くて、動けなくて、

「何もすることがない、、、眠い、、、」って思考に陥りがちですよね。

何もすることがないと眠くなるものです。

何かやることを準備しておきましょう。

面接の準備とかをスマホに入れておけばグッドですね。

ちなみに私はプライムビデオでドラマをダウンロードしてみるようになってから、電車で寝ることがなくなりました。電車の遅延がむしろ嬉しいぐらい。

 

おわりに

いかがでしたか。

これは僕の自論なので、みなさんに当てはまるかどうかはわかりませんが、せめて参考になればと思います!

これをきっかけに自分流の早起き論を確立してもいいと思いますよ!

f:id:visita:20191111134903p:plain

ライター:鈴木健作 1997年神奈川県出身の大学3年生。2019年5月から(株)PR Tableにインターンとして入り、新規事業であるvisitaの立ち上げに参画。現在就職活動中。 趣味はドライブと旅行。今一番行きたいのはアラスカ。自身のInstagram用にPhotoshop習得中。

visitaの先行登録はこちら(学生用)