【公式】visita blog | 就職活動

エース訪問アプリ「visita」の運営チームが就活・キャリアの役に立つ記事を発信します。<!-- 選考登録ボタン--> <p class="article-btn"><a href="https://visita-lp.studio.design/">visitaの先行登録はこちら(学生用)</a></p>

【就活】やりたいことってどうやって見つかるの?

f:id:visita:20191120110107j:plain
こんにちは、visita運営局の野上です。

今回の記事では「自分が将来何をしたいのか分からない」と悩んでいる方向けに、私自身の経験も交えながらどう考えていけばいいのかについて話して行きたいと思います。

 

自分って何がしたいんだろう?

 

僕自身、元々知的好奇心がなく何に対しても興味という興味が湧かず、就職活動の業界選びということですらとても難しいものに感じました。

そんな中将来やりたいことが明確に決まっている友達がどんなに羨ましく見えたことか、、、

 

でもそんなに難しく考える必要はないんです!なぜなら「自分がやりたい事なんてそんな簡単に見つからないから」です。だってしょうがないですよね?就活を終えた先輩の話を聞いて、企業の数日間のインターンシップだけ行って、この先一生付き合うことになるかもしれない仕事を選ぶなんて。

f:id:visita:20191104002910j:plain

じゃあどうやって仕事選びをすればいいのか?

まず最初に「自分は何をしたいのだろうか?」と自問するのを辞めましょう。そうしていてもきっと明確な答えというものは出てきません。自分のやりたいこと(to do)よりも自分のなりたい姿(to be)を考えるようにしましょう。

 

例えば一番シンプルな例として自分のなりたい姿(to be)が「お金持ちになって幸せになること」であれば極論、給料が高い企業を受ければいいのです。

 

どうでしょう?「なんだ、そんなものでいいのか」と感じるのではないでしょうか?

逆にこの短期間で自分のやりたいこと(to do)を半ば無理やり定義して受ける企業を決めた場合、その企業で実際に”やりたいこと”の業務に関われる保証はありません。そうなると「こんなはずじゃなかった」と嘆き、転職を考え始めてしまうことにもなりかねません。これがよく就職活動に言われる入社前と後のギャップだと私は考えています。

 

また、就職活動をしていく中でやりたいことや志望業界がコロコロ変わる人や友達を見たことはないでしょうか?それだけやりたいこと(to do)というものは移ろいやすいものなのです。

ありたい姿(to be)こそが本当に自分を幸せにしてくれるものとなり、自分の”就活の軸”となってくるものになってくると思います。

具体的な方法論とは?

では具体的にどのように自分のなりたい姿(to be)を見つけだしていけばいいのでしょうか?ここからはその考えの助けとなる方法論について具体的に書いていきたいと思います。

 

まず始めに自分が人生で最も楽しかった時を一つか二つほど挙げてみてください。

その次に、その時の環境であったり、自分の持っていた感情を思いつく限り紙に書いていきましょう。周囲との人間関係もあるとよりよいです。

ここで大事なのはとにかく「紙に書く」という行動です。頭に思い浮かべているだけだと思いつく数に限りが出てきてしまったり、見える視野が極端に狭まってきます。

 

各エピソードにおいて思いつくだけ書けたら、それに対して”なぜ”自分はそれが楽しい思ったのかを書いたことに対して追加してください。

そうすると共通して出てくる要素やキーワードに”気づき”が出てくると思います。

分かりやすいように私の例を出してみます。

人生で最も楽しかった瞬間は

→大学2年生時の学園祭サークルにおいてチームリーダーであった時

その時の環境は?

①チームで主軸となって引っ張っていけていた

②ある程度の尊敬を受けていた

③人よりもスキルやノウハウを知っていた

④苦しんでいる人の気持ちが分かるから

⑤自分の中に行動の基となる軸や自信があった

etc….

       ⇓

”なぜ”その環境が楽しいと感じたのか?

①中心でいられたから

②尊敬を受けるのが嬉しいから

③人にスキルやノウハウを教える事ができたから

④その人に感謝されたから

⑤行動にブレが無いから

etc…..

 

こうして続けていくと、私の楽しいと思える事の要素には「中心にいる・尊敬される・感謝される」などが出てくるようになり、自分は”存在意義を示すこと”がありたい姿(to be)なんだと気づくことができました。

そこからは「存在意義」をキーワードに、個を尊重する企業を探していくことになっていきました。

f:id:visita:20191104003243j:plain

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだ自分のやりたいことが見つからない人には是非一度試してみてほしいです。そして、自分のなりたい姿(to be)に気づき、自分が本当に幸せになれる企業に出会えることを願っています。

なりたい姿に気づくためには尊敬できる社員さんを知ることが必要です。

Visitaを活用して企業のエース社員と出会い、自分のなりたい姿をイメージできる人が一人でも増えてくれると幸いです。

 

f:id:visita:20191105154832p:plain

ライター:野上光
1996年生まれ、東京都出身。大学では2年間所属していた学生団体とバイトに明け暮れる。その後大学を休学し、一年間アイルランドへ留学をする。現在は(株)PR Tableの新規事業企画に初期インターン生としてジョイン。ITベンチャーを視野に就職活動中。趣味はサッカーとビリヤード。

visitaの先行登録はこちら(学生用)