【公式】visita blog | 就職活動

エース訪問アプリ「visita」の運営チームが就活・キャリアの役に立つ記事を発信します。<!-- 選考登録ボタン--> <p class="article-btn"><a href="https://visita-lp.studio.design/">visitaの先行登録はこちら(学生用)</a></p>

【就活】知らないと恥ずかしい敬語まとめ

f:id:visita:20191120104551j:plain


こんにちは。visita運営局の新宮です。

突然ですが皆さん、敬語正しく使えていますか??

面接のために就活生の皆さんは志望動機や学生時代頑張ったことなどの「面接の中身」はしっかりと考えている方がほとんどだと思いますが、いくらその中身がうまく伝えられたとしても、敬語が正しく使われてなければ面接官の印象は悪くなってしまします。もったいないですよね。

また、「私は敬語話せている」と思っていても意外と間違って敬語を使ってしまっていることもあるかもしれません。

そこで今回は敬語の基礎の話から間違えやすい敬語をまとめてみました!

 

 

敬語の種類

小、中学生の頃の国語の授業を思い出してみてください。

敬語には3種類ありましたよね??覚えていますでしょうか。ここで簡単におさらいしましょう。

尊敬語

話題になっている人やその動作、状態、あるいは関係する事物を相対的に高めて表現する単語や語法。

謙譲語

話し手が聞き手や話中の人に対して敬意を表すために、自分または自分の側にあると思われるものや動作などをへりくだって言い表すもの。

丁寧語

話し手が聞き手に対して、敬意を表して、丁寧にいう言い方。「です」「ます」などが当たる。

 

この3つをマスターすることが、基本中の基本です!

f:id:visita:20191104032222j:plain

間違えやすい敬語

では次に、就活生が面接の時に間違えやすい敬語について取り上げていきたいと思います。

 

①貴社、御社

どちらの言葉も相手の企業をさす言葉ですがどう使い分けるのでしょうか。

 

「貴社」は書き言葉として使う言葉です。よって、ESやメールには企業に対して「貴社」を使うようにしましょう。

対して、「御社」は話し言葉として使う言葉です。よって面接時には「御社」を使うようにしましょう。

また一般的な企業ではない場合、以下のようにこの2つを使わない場合があり、注意が必要です。こちらも合わせて覚えておきましょう。

銀行→貴行(書き言葉)、御行(話し言葉

信用金庫→貴庫(書き言葉)、御庫(話し言葉

法人→貴法人(書き言葉)、御法人(話し言葉

機構→貴機構(書き言葉)、御機構(話し言葉

②「了解しました」

これは普段使い慣れているので使ってしましがちですが面接で使ってはいけません。

「了解しました」は、自分と同等な相手、または目下の相手に使う言葉であり、目上の人に使ってしまっては失礼に当たります。

目上の人に対しては「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。

 

③「参考になります」

この「参考」という言葉は相手の言動などを取り上げて、自分の足しにするということを意味していて、目上の人に使う表現ではありません。

このような場合は「勉強になりました」というような言い回しにしましょう。

 

④「拝見いたしました」

これダメなの?正しい敬語じゃないの?と思った方は多いのではないでしょうか。実はこれは二重敬語といって好ましくない表現とされているんです。

二重敬語とは、同じ種類の敬語を二つ重ねて使用してしまうことで、具体的には「尊敬語+尊敬語」「謙譲語+謙譲語」のことを指します。

「拝見いたしました」の場合、「拝見(謙譲語)」+「いたす(謙譲語)」と謙譲語を二つ重ねてしまっているので二重敬語になってるのです。

「見た」ということを言いたい場合は「拝見しました」というようにしましょう。

 

⑤アルバイト敬語

皆さんの中で、接客のアルバイトをやっていたから敬語は慣れていると思っている方いませんか?アルバイトでよく使われている言葉は、実は正しい敬語ではない場合があります。

例えば、

 

「こちらになります」

といいますよね?これは間違いです。この場合、

「こちらでございます」

というのが正しい敬語です。

 

普段のアルバイトから正しい敬語を使うように意識してみるのもいいかもしれませんね。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。敬語を正しく使い、就活においてマイナスにならない言葉遣いをマスターしてください!

ただ、面接のとき、あまりにも敬語を気にしすぎて、黙ってしまったり、間があったりしてしまうのも面接官にいい印象を与えません。普段から敬語を意識して、自然と話していて出るように練習しておきましょう。

また、敬語は面接だけでなく、社会人になってからも必要です。今のうちに正しい敬語に慣れておきましょう!

f:id:visita:20191105113636p

ライター:新宮あかり 1998年神奈川県出身。大学3年生。2019年6月から(株)PR Tableにインターンとして入り、新規事業であるvisitaの立ち上げに参画。現在就職活動中。
趣味は音楽を聴くことで、今一番行きたいライブはサカナクション

visitaの先行登録はこちら(学生用)