【公式】visita blog | 就職活動

エース訪問アプリ「visita」の運営チームが就活・キャリアの役に立つ記事を発信します。<!-- 選考登録ボタン--> <p class="article-btn"><a href="https://visita-lp.studio.design/">visitaの先行登録はこちら(学生用)</a></p>

【就活】一目で業界が分かる!?「カオスマップ」の有効活用術

f:id:visita:20191124122440j:plain
こんにちは。visita運営局の新宮です。
 

いきなりですが皆さん、「カオスマップ」ってご存じですか??

初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。そんな方々にとってカオスマップという名前は名前的にも就活に関係なさそうと思いますよね。

私も初めて聞いたときどんなものなのか全然イメージがわかず、本当に就活関係あるの??と頭の中はハテナだらけでした(笑)。

 

しかしこのカオスマップ、実は意外と就活に使えるんです!

今回は、実際に就活で使っていたという内定者の方の意見も交えながら、カオスマップのメリットとデメリットをについてご紹介したいと思います。

 

カオスマップってそもそも何?

カオスマップとは、「特定の業界に絞ってサービスや商品を提供する事業者をカテゴライズしたもの」です。

例えば、下に載せたカオスマップ。これは「飲食店運営インフラをまとめたカオスマップ(2019年版)」になっています。

f:id:visita:20191110175552p:plain

(引用:業界別カオスマップ | TechCrunch Japan

たくさんの企業のロゴが載っていますね。飲食系ということで皆さんも見たことあるものがたくさんあるのではないでしょうか。

一見、ただのロゴの羅列のように見えますが、いろんな色の線でグループ分けされ、どんなグループなのか記載がありますよね。

例えば皆さんがよく使いそうなところを見てみると1番左の上から2番目のグループを見てみてください。「予約」とかいてあります。

これは飲食運営インフラの中でも「予約」に関するサービスを提供している企業をグルーピングしています。

こんな風に一目でわかるよう工夫されているのがカオスマップです。

今回は飲食運営インフラのカオスマップをご紹介しましたが他にも国内キャッシュレス決済のものやインバウンド業界、人材業界などたくさんあります。

ではこのカオスマップを使うとどんなメリットがあるのか、またどんなデメリットがあるのかについて内定者の声を交えながらお話していきたいと思います。

 

カオスマップのメリット・デメリット

カオスマップのメリット

とにかく1つの業界の中にある有名な企業から、あまり知られていない企業まで、BtoB企業、BtoC企業関係なく多くの企業を知ることができるということです。

このカオスマップと同じようなもので業界地図がありますが業界地図よりはるかに多くの企業が載っています。

例えば先ほどあげたカオスマップを見てみてください。ぱっと見で全体を把握できる範囲にロゴが並んでいますが、実はここに70社以上のロゴが乗っているんです!!!!

結構驚きませんか??私も数えてみて驚きました(笑)。

ここから知らない企業を見つけ、その企業について詳しく調べてみたり、説明会を聞きに行ったり、インターンシップに参加してみたりと企業選びの選択肢を広げることができます。

内定者の方も実際に自分の興味のある業界のカオスマップを調べ、その後詳しく企業を見ていくという使い方をしていたそうです。

 

また、グループ分けされていましたよね?

ただ企業のロゴが並んでいるだけではなく、グループ分けされていることによって、もっと細かく自分の興味に沿って企業を知ることができます。

これも大きなメリットなのではないでしょうか。

カオスマップのデメリット

主に、2つあげられると思います。

 

まず1つ目は、カオスマップはきちんとした企業が出しているものもあれば、個人的に誰かが作ったもの、または出所がわからないもの、たくさんあるので信用度が低いということです。

特に、グルーピングに関しては個人が作っている場合、それを作った人がそう考えているだけであって、考え方に偏りがある可能性があります。グルーピングの部分に関してはモノによっては気にしないほうがいいかもしれませんね。

 

2つ目は、シンプルにちょっと見にくいということです。

例であげたカオスマップは実はまだ見やすいほうです(笑)。

もっとたくさんの企業が載っていて文字が小さくもっと見にくいものもたくさんあります。

 

また、これに関連してもう一つのデメリットがあります。

それは、多くの企業が載っていますが、その企業の中でどの企業が最初にできたのか、またそれに対抗してどの企業ができたのかなどの歴史背景がわからないということです。

もし、このカオスマップだけ見て、目についた企業だけを調べて就活をやっている気になってしまっていけません。

きちんと業界の流れなどを業界地図などで調べましょう。


おわりに

いかがでしたか?

カオスマップは、業界のプレイヤーを知るために非常に有効な図であることがお分かりいただけたかと思います。

就活は、そもそも「知らない」企業に入社することはできませんからね。

ぜひ就活にカオスマップを見て興味のある業界の企業を知り、そこから深く企業分析をしてもらえると幸いです。

 

f:id:visita:20191105113636p

ライター:新宮あかり 1998年神奈川県出身。大学3年生。2019年6月から(株)PR Tableにインターンとして入り、新規事業であるVisitaの立ち上げに参画。現在就職活動中。
趣味は音楽を聴くことで、今一番行きたいライブはサカナクション

visitaの先行登録はこちら(学生用)